このページの本文へジャンプする

iDeCo(個人型確定拠出年金)

iDeCoってなに?

iDeCoは私たちの年金を増やす新しい選択肢です。

個人型確定拠出年金(iDeCo)は、毎月の掛金を自分自身で運用しながら積み立てていき、原則60歳以降に年金または一時金で受け取る制度です。毎月いくら積み立てるか、どんな金融商品で運用するか、自分自身で決めることができます。

また個人型確定拠出年金(iDeCo)には拠出時、運用時、受取時それぞれに税制優遇があります!

3つの税制メリット

  • 掛金は
    全額所得控除
  • 運用益は非課税
    (投信購入手数料もなし)
  • 年金での受取:公的年金等控除
    一時金での受取:退職所得等控除

iDeCoのおトク!

確定拠出年金では拠出時運用時受取時、それぞれでおトク!(税制優遇)があります。

どれだけおトク(税制優遇)があるのか確認してみましょう!
シミュレーション

iDeCoをはじめる

STEP1iDeCoのポイントを理解する

iDeCoをはじめるにあたって、以下のポイントをおさえておきましょう!

  • 「iDeCo」は月々5,000円から始められ、掛金を1,000円単位で自由に設定できます。

  • 「元本確保型商品」等、ご自身の目的に合わせて運用する商品配分を決めます。

  • 加入期間等に応じた年齢から老齢給付金を受け取ることができます。受け取り期間や毎年の給付金額等を選択していきましょう。

  • 例えば、結婚して会社員から専業主婦になったり、転職して自営業に変わったりしても、iDeCoで積み立ててきた年金資産は、そのまま引き継いで活用できます。

STEP2ご自身の加入範囲と掛金の上限を確認しよう!

STEP3運用商品を選ぼう!

福岡銀行ではお客さまのニーズに合わせて充実した運用商品ラインナップをご用意しております。

STEP4申込みの手続きをしよう!

ご注意点

原則60歳から受給可能ですが、60歳時点での通算加入者等期間が10年に満たない場合は段階的に受給開始年齢が遅れます。

ご留意事項

  • 原則、60歳まで途中の引き出し、脱退はできません。
  • 運用リスクは加入者自身が負うことになります。
    運用する商品を加入者自身が決定し、その運用リスクは加入者自身が負うことになります。
  • 年金額が事前に確定していません。
    加入者ごとの運用実績に基づいて年金額が決定するため、老後に受取る年金額が事前に確定していません。
  • 手数料は加入者自身にご負担いただくことになります。
    個人別管理資産を運用・管理するための手数料については、ご本人にご負担いただくことになります。
  • 確定拠出年金の積立資産は、特別法人税(年1.173%)の課税対象ですが、平成29年2月時点で課税は凍結されています。

お問い合わせ・資料のご請求

福岡銀行
確定拠出年金コールセンター

0120-934-0800120-934-080

(月~金) 9:00~21:00 (土・日) 9:00~17:00
※祝日・年末年始はご利用になれません。

福岡銀行確定拠出年金<企業型プラン・個人型プラン>にご加入の方

既に加入されている方向けのサイトです。ご利用いただくには「口座番号」と「暗証番号」が必要です。

株式会社福岡銀行 登録金融機関 福岡財務支局長(登金)第7号 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会 
Copyright © The Bank of Fukuoka, Ltd. . All Rights Reserved.
FFG ふくおかフィナンシャルグループ
ページ先頭へ