なんでNISAはFFG?地域グループNISA口座数NO.1! ※調査期間:2023年4月 調査機関:時事通信社調べ 調査名:地方銀行NISA調査 調査方法:郵送調査、有効回答率81.8%

お申込みは今がチャンス!NISA新時代!だからNISAはFFG!フェア 期間:2023年10月2日(月)~2024年3月29日(金)
お申込みは今がチャンス!NISA新時代!だからNISAはFFG!フェア 同時開催中!!NISA新時代!冬の資産づくり応援フェア期間:2023年12月18日(月)~2024年3月29日(金)

新NISAとは?

NISAは資産形成に役立つ制度!

資産形成を後押しするための制度のひとつに、「NISA」があります。NISAは、国民の安定的な資産形成や市場への成長資金の供給のため、国が設けた制度です。NISAを利用すると、投資信託や上場株式等で得られた利益が非課税になるメリットがあります。

投資信託や上場株式等の配当金や売却益には通常20.315%の税金がかかります。

例えば10万円の利益が出た場合、通常口座(一般口座・特定口座)では税金約2万円がかかるため受け取りが約8万円になりますが、NISA口座なら非課税のため約10万円が受け取れます。

NISA口座なら

非課税

新NISAの3つのメリット

  • メリット1

    ずっと非課税!

    新NISAは非課税期間が無期限に

  • メリット2

    これまでの年間限度額はつみたてNISAの40万円もしくはNISAの120万円/新NISAの年間限度額は360万円

    投資の限度額が増加!

    つみたて限度額が大きく増加

  • メリット3

    つみたて投資枠と成長投資枠が新設され、投資信託×株式投資の併用も可能に

    成長投資枠も併用可能!

    つみたて投資枠と成長投資枠が
    同時に使える

だからNISAはFFG!

  • 安心と信頼のNISA口座数
    地域金融グループNo.1!

  • 困った時には
    窓口・ネットで
    気軽に相談できる!

  • 銀行でも証券でも相談できる!

    銀行なら

    預金や保険など幅広い金融商品から最適なプランをご提案

    証券なら

    投資信託から国内外の株式まで含めた専門性の高い商品をご提案

投資がはじめてのあなたには
つみたて投資がおすすめ

投資先をしっかり選びたい
あなたには株式がおすすめ

NISA
つみたて投資

はじめての投資をスタートする
あなたの不安を軽くします!

“つみたて投資”
3つのおすすめPOINT

POINT1

小さく

POINT2

コツコツ

POINT3

手間なく

「小さく」のよさ

ふくぎんなら、ネットで月々1,000円からつみたてを始められます
お金をたくさん準備する必要がないため無理なく続けられます。

「コツコツずっと続ける」よさ

一定金額ずつ定期的に購入すると、価格が高いときには少なく、安いときには多く買うことになり、平均購入価格を低く抑えられ、量をより多く買えることが期待できます。

「毎月自動購入」のよさ

毎月決まった日に預金口座から自動引落としで投資するため、手間がかかりません。
定期的に継続して購入することで、リスクを低く抑える効果も期待できます。

商品購入時の申込手数料0円!

つみたてNISAで購入できる商品には「申込手数料」がかかりません
また、保有期間中にかかる「信託報酬(投資信託の運用や管理に必ずかかる費用)」についても相対的に低い商品が用意されています。

い時期に始めて
く続けることが
すすめ

一般的に、「つみたて投資」はリスクを低く抑えることが期待できます。また、目標額を積み立てるためには、早く始めるほど毎月の積立金額は少なくて済み、長く続けるほど、複利効果※2で運用益が大きくなることが期待できます。

※2 運用により発生した利益が元本にプラスされて運用されることにより、雪だるま式に利益がふくらむ効果。

まずは無料で口座開設!

WEBでサクッと!
投信・NISAスタートサービス

お取引開始の流れ

  • 最短10分で完了
  • STEP1

    投信口座開設

  • STEP2

    人気のファンドも選べる!
    購入ファンド選択

    ※マイナンバー確認書類が必要となります。

  • STEP3

    申込受付
    完了メールが届く

投信・NISAスタートサービスに
ついて詳しくみる

投資やNISAについて
さらに学ぶ

  • 注目!新NISAを解説します(約5分)

  • 積立投資を始めるタイミングはいつがいい?(約3分)

そのほかの動画を視聴する

【金融商品に関するご留意点】

投資信託
投資信託に関するご留意点についてはこちらをご確認ください。

NISA・つみたてNISA
NISA・つみたてNISAに関するご留意点についてはこちらをご確認ください。